Sponsored link

マツコの知らない世界で紹介された究極のマヨネーズ

マツコの知らない世界で紹介されたマヨネーズ5月26日放送のマツコの知らない世界では、マヨマニア スーさんが究極のマヨネーズを紹介していました。

どれも美味しそうだったので食べ方やレシピもご紹介しますね♪

それにしても・・・黒トリュフ入りマヨネーズが約8,000円!どんな方が購入するのでしょうか?(汗)

神戸牛入り そぼマヨ

そぼマヨ 神戸セレクションに選ばれたマヨネーズ。

ごはんにかけてそのまま食べると、とても美味しいそぼろ入りマヨネーズ。神戸牛がたっぷりはいったそぼマヨは、神戸セレクションにも認定されています。

ご飯にマヨネーズは絶対に許せないマヨマニアのスーさんも、そぼろ入りマヨネーズだけはご飯にかけて食べるそうです。

マツコさんも「これ美味しい~!ヤバイ!」と連呼しながら食べていました☆


>>神戸セレクション認定☆神戸牛入り「そぼマヨ」

フランス産 黒トリュフ入りマヨネーズ

超高級な黒トリュフが入ったマヨネーズ「メゾンドラトリュフ(Maison de la Truffe) 」は、フレンチの料理にも使えそうなソースに近い高級な味。

お値段は驚きの1瓶(75g) 7,981円!あまりの高級さにテレビを見ていて驚きました!


>>フランス産 黒トリュフ入りマヨネーズ

みやぎ農園 手造りEMマヨネーズ

究極のマヨネーズがみやぎ農園 手造りEMマヨネーズ

朝どり玉子を使って丁寧に手造りしたマヨネーズは完璧なバランスの味だそうです。

美味しい玉子の味を生かしたマヨネーズは「ゆで玉子」に乗せてシンプルに食べるのが最高だとか。

わさび屋が作った わさびマヨネーズ

わさびマヨネーズは色々なメーカーが販売していますが、マヨマニア スーさんが一番美味しいというのがわさび屋が作ったわさびマヨネーズです。

マヨネーズメーカーではなく、伊豆のわさび屋が新鮮な地元産のワサビを厳選して作っているのでワサビの風味が生きています。

マツコの知らない世界ではサーモンのカルパッチョにつけて食べていました。


>>わさびマヨネーズ【楽天】
>>わさび屋がつくったわさびマヨネーズ【amazon】

キューピー 卵を味わうマヨネーズ

発売以来大ヒットを続けていて入手が難しいキューピーのプレミアムマヨネーズ。

卵を味わうマヨネーズはキユーピータマゴと中部飼料が共同開発したこだわりの卵「エグロワイヤル」を使用した卵黄タイプのマヨネーズ。可愛いいデザインの瓶も人気です。

定価は1,250円ですが現在はプレミアム価格でしか手に入らないのが残念です。

マツコの知らない世界では、スティック野菜につけてシンプルに食べていました。


>>卵を味わうマヨネーズ【楽天】
>>キユーピー 卵を味わうマヨネーズ【amazon】

SSK キムマヨ

キムチとマヨネーズが合体したキムマヨは静岡の老舗食品メーカーSSKが作っています。チューブタイプのマヨネーズを世界で初めて作ったのがSSKだそうですよ!

キムマヨはキムチチャーハンにするのがとても美味しいようで、マツコさんはあっという間に出されたキムチチャーハンを完食してました♪

【キムチチャーハンレシピ】

・ご飯とキムマヨを混ぜてフライパンで炒め、溶き玉子を入れてさらに炒める。

・最後に野菜やハム、肉などの好みの食材を加えて塩・コショウで味を調えれば完成。


>>SSK キムマヨ

京都優菜堂 セイアグリーマヨネーズ

京都優菜堂のセイアグリーマヨネーズは、エサや環境などに徹底的にこだわった環境で飼育されたニワトリの玉子を使ったこだわりのマヨネーズです。

一般的なマヨネーズは米酢や穀物酢を使用していますが、セイアグリーマヨネーズはりんご酢を使っているので酸味がまろやか。

意外な食べ方は豚の生姜焼き。リンゴ酢が肉を柔らかくして生姜の辛味をまろやかにしてくれるそうです。

【セイアグリーマヨネーズ入り豚の生姜焼きのレシピ】

・豚と玉ねぎを炒める。

・生姜焼きのタレとセイアグリーマヨネーズを混ぜたもので味付けをすれば完成。


>>セイアグリーマヨネーズ【楽天】
>>セイアグリーマヨネーズ【amazon】

人気ブログランキングへ

Sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ