Sponsored link

マツコの知らない世界で紹介されたプリンがすごく気になる

マツコの知らない世界GWに進出しちゃうぞSPでプリンが紹介されていました。

日本の草分け的存在ともいえる、マツコと同じ年に誕生したぷっちんプリン。

歴代の有名な商品、コンビニスイーツ、レストランのデザートのプリンなど、プリンはどれも美味しそう。

時代ごとに流行があって、下のように味や食感が変化していったそうです。

マツコの知らない世界のプリン

時代によって変わるプリンの流行

ぷっちんプリンから始まった日本のプリン。

時代によってプリンの食感や容器などの変化をまとめるとこのようになります。

なめらかプリン時代

瓶プリン時代

濃厚プリン時代

最初に登場したのは、瓶プリンブームの火付け役となった「フラノデリスの牛乳プリン」

マツコの知らない世界のプリン
菓子工房フラノデリス プリンセット

マツコさんは、昔ながらのしっかりとした食感の固いプリンが好き。

柔らかな食感が気に入らないと言いつつも味の良さには納得した様子で食べていました。

マツコさんにとって、流行しているトロトロの食感のプリンは敵!だとか。

私も同じで、しっかりと蒸し焼きをされたプリンに苦めのカラメルが王道だと思っています。

マツコの知らない世界で紹介されていた他のプリン

【コンビニの絶品スイーツ】

ファミマプレミアムくちどけ贅沢プリン(ファミリーマート)
あと乗せのカラメルソースがポイント。
カラメルソースに入ったバニラビーンズが特徴です。

窯出しとろけるプリンリッチ(サークルKサンクス)

硬めの食感とたっぷり入ったバニラビーンズが特徴。

ピュアカスタードプリン(ローソン)
コンビニではありえなかった無添加のプリン。
玉子・砂糖・牛乳・バニラビーンズだけで作られた懐かしい味。

【日本全国の絶品プリン】

おやつとやまねこ「尾道プリン」
猫のイラストが描かれた瓶に入ったプリン。
固めの食感で、魚型の容器に入れられた瀬戸内産のレモンソースをかけるのが珍しい。

芦屋ぷりんとあっせ「芦屋ぷりん・想」
柔らかな食感で、しっかりと焦がして作った王道のカラメルの苦味が美味しいプリン。

プリン研究所
13種類のソースを選べるので、様々な味を選べる。

恵比須 KE:miyu(ケミュ)の揚げプリン(コースのデザート)など、色々なバリエーションを紹介していて、プリン好きの私は目が釘付けになりました。

それにしても・・・固くてしっかりと苦いカラメルの懐かしいプリンが食べたいなぁ。

マツコの知らない世界で紹介されたアイテムはこちら
↓↓↓
マツコの知らない世界の商品を楽天で購入

人気ブログランキングへ

Sponsored link

サブコンテンツ

このページの先頭へ